両ワキ脱毛

脱毛サロンの両ワキ脱毛は痛みなし

ムダ毛が多い上に剛毛なことをずっとコンプレックスに思っていました。

 

また肌がちょっと弱くて、
カミソリ負けしやすいのでムダ毛のお手入れにも困っていました。

 

剃ってもすぐ生えてくるし、ムダ毛が剃ると元気になると聞いて剃るのも憂鬱になっていました。

 

なので脱毛サロンのキャンペーンを見た時、
思い切って脱毛してみることにしたんです。

 

最初に心配だったのが、肌が弱くても脱毛できるかです。
ムダ毛をなくすということはとても肌に負担がかかりそうなイメージをもっていました。

 

カウンセリングの時にそれを聞いたら、
肌の弱い人でも受けられるように出力を下げたり様子を見ながら脱毛することは可能と言われました。

 

また肌にトラブルがある時は脱毛できないことも言われ、
日焼けや乾燥などが脱毛する時にないように言われました。

 

実際に脱毛をする時に照射のレベルを少し下げて試し打ちをしました。

 

大丈夫だったようなので、
出力を普通にして脱毛しましたが、
肌をしっかりケアしながら脱毛したので肌のトラブルはおきませんでした。

 

脱毛している間は保湿をしっかりするように言われました。

 

ムダ毛は少しずつ減っていき、肌の調子もよくなったので他の部位も脱毛しました。

 

今は全くと言って良いほどムダ毛が
毎日気にならなくなっています。

 

 

 

 

ワキの脱毛についての注意点

ワキといったら、これからの季節で人目につくようになり、
最も気をつけたいといっても良い部分ですよね。

 

肌を露出する以上、常に綺麗でいたいものです。

 

今回は、そんなワキを自己処理で脱毛する際の注意点について紹介します。

 

自己処理といえば、一般的に「カミソリと毛抜き」が代表的です。
カミソリの場合、剃った後の何日か後にチクチクとしたかゆみが発生します。

 

また、刃物ということもあり、
肌自体も痛めてしまう可能性もあります。

 

毛抜きの場合も、
処理をした後に炎症を起こしてしまう可能性や、
黒ずみの原因にもなります。

 

そのようなことにならぬよう、
自己処理した後のケアが重要になってくるのです。

 

脱毛で最も気をつけておきたいことは、保湿です。

 

処理を行い、その後に保湿クリームを塗ることが良いといえるでしょう。

 

保湿クリームを選ぶ際にも、
刺激の少ないものを選ぶことをオススメします。

 

また、あらかじめ毛穴を開いて処理をし、
処理をし終えたら冷水で毛穴を閉じることも効果的です。

 

このように、単に脱毛といっても自己処理となったら注意すべきことはたくさんあります。

 

ワキは周囲の人に注目されやすい部分となるので、
正しい脱毛方法で綺麗なワキを保ち続けられるように注意していきましょう。

 

脱毛サロンおすすめ人気ランキング【2018年最新】

page top